吹田市民塾ガラクタ道場

アクセスカウンタ

zoom RSS 何だか、ニコニコ♪

<<   作成日時 : 2012/05/25 01:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

今日は、撮って来ましたよ〜!!

色鉛筆で、習作を描いて来られた塾生サンへの
質疑応答・アドバイスから、色鉛筆講座になった!?今日の塾。

★今日の授業内アドバイス内容です

好みがありますが、塗り重ねて着色する時は、
 パラフィン(蝋)成分の少ない物をオススメします。
 はじきが少なく、重ね塗りが しやすいですよ。
 ちなみに、塾長の愛用品は
 CARAN D’ACHEアーティスト用・水溶性鉛筆です。

色(描き跡)ムラが出来てしまいます。
色んな塗り方がありますが
 描き跡(ハッチング)を活かした着色になさるとか、
 仕上げに粉状にしたパステルを、塗り重ねるなど してみても良いと思います。

濃い色を使いたくないけど、影など変化を付けたい
ベースの色に、違う色を重ね 色を深めてみて下さい。
 その時、作品を全体に見るなどして、バランスを取りながら
 色を重ねていってください。
 機会があれば、一度 ご自身の着色作品を モノクロでコピーしてみて下さい。
 配色バランスがとれているか、判ります。

着色する時は、思い切って
 感じた色を大胆に、入れてみると面白い作品に仕上がりますよ。
 「むん!」と、色を分解する気で モチーフを ガン見してみて下さい。
 今まで、頭の中のイメージだけで作ってしまった色
 (葉っぱは、緑色など)以外の色が見えて来る筈です。

アウトラインを、利き手では無い方の手で描いてみて下さい。
 描き慣れてない手で、最初から描くのは難しければ
 一度、利き手で描いた絵を そうで無い手で なぞってみて下さい。
 味のある 自分でもビックリするような素敵な線が描けたりしますよ。
 絵手紙など、文字を入れる時も、この方法を試してみて下さい。
 特に、お習字をされていた方などに この方法をオススメします。

画像


画像









画像










画像









画像











































※作品の無断使用は、ご遠慮願います。
お問い合わせ等ございましたら、当ブログまで



「何だかスランプで、あ〜!!って感じだったけど、何か気持ちがして来た!」

「描いてて、楽しい気分が戻って来た!」

「前に やった事の意味が、理解出来た!」

「よそでは、私は こんなキャラクターじゃないけど

何故か、塾では冗談も自然に出る」

「今日、塾に来て良かった!」

的な コメントを
授業の合間や、帰りがけに 仰る皆サン、
とってもニコニコ顔
そういう時間・場所を共有出来、私も





午後からの おチビ教室は、
ペーパークラフト実技の続きでした。

作品完成度を上げる為
作品の作り直しを 自ら、やる おチビも出て来て
やるな、お主!その気持ち・根性、天晴れ!!です。




何だか、テンション上がりっ放しの おチビ達。
終了時間になっても、
「帰りたくな〜い」

挙句の果ては、
「合宿とか せぇへんの?」

えええぇぇぇ〜!?

そんな事、考えた事無かった塾長。
思わず、出た言葉は
「キミ達の、ご飯作るの 嫌〜
(…もっと大人らしいコメントは無かったのか…

すかさず、おチビ
「大丈夫!自分でカレーとか作るから!ジャガイモとか切るから!」
「レトルト、持って来たら ええねん!」

えええぇぇぇ〜!?
ほ、本気ですか?
塾長、あの おチビ達のテンションの高さに
朝まで付き合っていたら、鼻血噴いて倒れるかも知れない…

もし やるなら、スパルタ!教室に しようと思います。
覚悟せぇよ〜

画像














塾長の独り言


【独り言・その1】
塾生サンから、色んな話を お聞きしたりするのも
楽しみの1つである。

今日は、T塾生サンの お父様が愛吸されてる、という
「刻み煙草」なるモノを、見せて頂いた。
その名も『粋』!!
わ〜、細かい(これだけ細かく刻める職人サンが、居ないらしい)
わ〜、臭くない(煙草独特の匂いを想像していたが、違った)

一緒に、お持ち下さった
刻み煙草を、煙管で吸う お父様&吸いガラの写真も拝見。
わ〜、お父様かっちょえ〜!!(長い顎鬚の渋パパ
わ〜、吸いガラ コンコロコン!鹿のフ○みたい

珍しい物を知る事が出来ました。有難うございます。


【独り言・その2】
「家で描いてても、師範の『眼』を感じる事があるんですよ〜」

「あ、私も・私も! こう描いたら『描くスピードが速い!』とか、絶対言われるだろうな、
って、思いながら描いてる」

と、塾生サン達。
このコメントに対して、師範一言。

「何や、最近 疲れるな、と思ったわ…」



師範、塾生サンの脳内意識への熱血出張指導
お疲れ様です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
そうかあ〜・・・。                                            パステルの粉、後づけかあ〜。                                       ありがとうございます。                                   いただきます・・・。
さし絵テラ
2012/05/27 08:19
先に、パステルをベースに塗っておいて
ポイントに色鉛筆…とかでもОK
パステルを使う順序は、
お好みの仕上がりに合わせて どうぞ。
※ちなみにココで言っているパステルは、
ハードパステルを使う事を前提で
ご案内しております
風花
2012/05/29 09:49
ハードパステルって、オイルですか。パステルは下地の上にパッドに描いてます。
さし絵テラ
2012/05/30 19:17
ハードパステルは、オイルパステルのような
ねっとり・重厚な描感・丸形の物ではなく
チョークみたいに乾燥してて
角型の物が多いです。

私は、これを 鉛筆の先を削る要領で
なるべく細かく削り、
それを 更に、コットンなどで押し潰してから
下地として、擦り込むように着色していきます。

用紙は、好みですが
マーメイド紙などだと
紙の表面の凹凸によるマチエールが出来てしまい
邪魔になる場合もあるので、
小さい作品や、細かいモチーフを描く時は
割にマットな紙の方が、描き込み易いかもしれません。


風花
2012/06/01 00:53
チョークみたいのがハードパステルっていうんですか、持ってます(名前知らないおバカ)ボクもすり潰し、下地にします。最近久しぶりにやってます。下描きの上にパッド紙のせが一番好きです。
さし絵テラ
2012/06/05 00:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
何だか、ニコニコ♪ 吹田市民塾ガラクタ道場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる