吹田市民塾ガラクタ道場

アクセスカウンタ

zoom RSS 師走の授業

<<   作成日時 : 2012/12/16 01:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

何だか一気に冬ーッ!!」って感じに なりましたね。

寒さに やられたのか、何なのか、
先日、○十年振りに 蕁麻疹が発生した塾長です
いや〜、久々の痒みでした(苦笑)
頂いた薬の効き目は、素晴らしく
お陰様で、もう すっかり元気で庭駆け回って?おります

12日の塾には、お家の事情で暫く お休みされていらした塾生サンが
お顔&習作を見せて下さいました。
…その持ってらした作品が、半端じゃなかった
線1本1本、集中して描かれた素晴らしいもので
皆を驚かせて下さいました
画像















他の塾生サンも、習作や
自分で探して来られた資料などを、持っていらして
知りたい事を、ドンドン質問されたり、
今後の、各自の改善ポイントを確認されたり、
自分好みの絵本を持って来て下さり、
皆でその技法や、
ノンブルや、後書の書体のデザイン、
表紙・裏表紙・本体の紙色のバランスや遊び等、
構成や編集について
師範・塾長の説明を基に 考えたり、話を したり…。

そんな・こんなを してるウチに
あっと言う間に、今年最後の授業終了時間に

いつも・いつも、塾について
塾生サンへの接し方について
「これで良いのか?」と、不安な塾長ですが、
塾生サン達の
「塾に来るのが、すごく楽しい」
「自分が、いろんな物に対して、こんな見方が
出来るように なっている事に驚いている」
「今年も色々、ありがとう。また来年も宜しくお願いしますね!」
「頑張って描いて来ます!」
という 帰り際の言葉に、
「よし、来年も頑張っちゃおう!」と、勇気付けられました
(…単純!?



今日のアドバイス内容

光は、描かずして描く! 光の部分は、一度 絵の具を入れてしまうと
 後で、薄めても どうしてもシャープな光には なりません。
 明るい部分は、白抜きを!
 後から、全体のバランスを見ながら、中間の陰などを入れていくようにすると
 失敗が少なくて済みます。

一度、影の濃度をナンバリングしてみよう 
 写真や、カラーイラストを模写・資料にする時は、
 一度、モノクロ・コピーをとって、影の濃度(暗さ)に番号を
 つけてみるて下さい。
 光と影の捉え方が、簡単に出来るクセが付きます。

キャラクターは、顔だけではなく 手足のしぐさ にも表情を付けて 
 その為に必要な、顔・身体・手足のバランスを考えてみましょう。






午後からの おチビ部は、
前回に引き続き、粘土人形作り。
耳などの細部の形成に、思いのほか手間取っているようです。
画像














手も顔も、服もテーブルも、部屋も
粘土の粉で白くして…四苦八苦する おチビ達。
そんな中でも、塾長への容赦無いツッコミは忘れません。
「なぁ、先生って何歳なん?」
「先生、丸太みたいな足やなぁ」
「先生って、絵ばっかり描いてて、テレビとか観ないから
世の中で流行っている物とか、知らんやろ!?」
「先生って、大阪の人なん?」
「なぁ、何で今日の髪型、ちょっと違うの?」
「先生って、怒ったら どうなるの?」
「クリスマスプレゼントに、この部屋の飾り頂戴♪」
「大人は、子供には お年玉あげなアカンねんで。
来年、くれるんやんな?」

えぇ加減にせえ!早よ作らんかい!?おら〜
君ら と喋っていると、口が悪ぅなって しゃーないわ!
どないしてくれるねん!おら〜

私は、身体は大人でも 中身は子供やから、
何 言うても、普通の大人みたいに
優しく 返してくれる思ったら大間違いやで!おら〜



…来年も思いやられます








そして、14日は
吹田高校・美術&イラスト部へ。
今回は、「創作する心構え」的な内容を 玉置師範が熱く語っておられました。

画像













何か教えてもらった事を、真剣に取り入れ、
つなぎ合わせて考えていかないと意味が無い。

つなぎ合わせる事により、相乗効果を生み
理解・習得が早くなる。

それは、絵を描く事だけでなく
総てにおいて、言えること。人間力アップにも繋がる。

ボ〜っとしてる奴は、去れ。相手に対して失礼だ。

何事にも真剣になれ。

キャッチする力を付けろ。

自分の中の引出しを増やせ。

人から言われた事だけするようではダメ。
人が やらないような事を考えろ。

画像















…え〜と、まだまだココには書き切れない
お言葉が ありました

すごく、素晴らしい内容なのだけど
高校生には、ちょっと難しかったり・師範の迫力に、押されて
総て理解出来ない部分も、あったかも知れません。
でも、たぶん後から じんわり、と
これだけ熱く接してくれる大人と、関われた
ラッキーさに気付いてくれる事でしょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
高校生・・・何かを引き替えにしても戻りたいですね。中学・高校黄金の時代ですよね。定期的に中学のガールフレンドとしますが、やっぱり・・・黄金の時でした。
さし絵テラ
2012/12/17 02:42
おチビたちのツッコミ爆笑しました〜
いやいや、容赦ない質問にはビックリ新鮮な感じですね。
大人同士なら、絶対話題にしない内容ですし。

最近、子供と接することがなくて お店に来る
お客さんの子供と会話するくらいですか。

「お姉ちゃん」が言えなくて、「おにーちゃーん」と駆け寄ってくる女の子もおりますが(笑)

子供の世界は摩訶不思議です。
自分も昔子供だったのに、思い出せないような・・・

翡翠
2012/12/17 21:14
テラ様 ☞
私は、戻れるなら…そうですねぇ…。
専門学校時の3年間ですかねぇ。
誰もが皆、一度は思う事かも知れませんが
現在の意識のまま、希望する年代へ
戻れたら、どれだけ有意義な時間を
過ごせるのでしょうね?

中学時代のガールフレンドさんと
定期的になんて、
素敵ですね♪


翡翠サマ ☞
も〜、酷いでしょ?
ココには書けないような、もっと
酷い事も言ってくるんよ〜
私が「おら〜
なんて返しを するから
面白がっちゃうのかしら

それにしても、「おにーちゃーん」って…
その子に、
「おにーちゃん、じゃなく
キレーな、おねーさん・翡翠よ」と、シッカリ、教えて込んであげて下さいね♪
風花
2012/12/18 00:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
師走の授業 吹田市民塾ガラクタ道場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる