吹田市民塾ガラクタ道場

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の足音、一輪。

<<   作成日時 : 2017/02/01 02:57   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は、塾長家の白梅が一輪
開いていました。

「あ〜、寒いと思っていても
ちゃあぁ〜ん、と春は来るんだな…」

愛らしい小さな花に、
毎年、気付かされます。


その後、自転車で出掛けたのですが、

目の前に、ひらり。
鼻先に、ひやり…。

山から風で飛ばされて来た粉雪でした。
こういう雪の事を、「風花(かざはな)」と云うのだ、と
師範から教わりました。

そして、この「風花」は、
イラストを描く時などのペンネームに
使っては、どうか?と、
師範に付けて頂いた名前でもあります。

いつも作品を描く時、
空気感などを感じてもらえるように、意識してたり、
花や自然をモチーフにする事が多い私は、
この「風花」という名を すっかり気に入り、
以後、ずっと名乗らせて頂いてます。





鼻孔から入ってくる冷たい空気に
ほっぺと、鼻先を赤くしながら、
ペダルを漕いでいたら、
ふと、音楽の時間に習った歌が、頭に浮かび、
久々に大熱唱!?しながら走りました。
(あ、丁度 周りに誰も居てませんでしたので




雪の下の故郷(ふるさと)の夜
冷たい風と土の下で
青い空を夢に見ながら
野原に咲いた花だから

どんな花より たんぽぽの花を あなたに おくりましょう
どんな花より たんぽぽの花を あなたに おくりましょう



高い工場(こうば)の壁の下で
どれだけ春を待つのでしょう
数えた指を やさしく開き
空地に咲いた花だから

どんな花より たんぽぽの花を あなたに おくりましょう
どんな花より たんぽぽの花を あなたに おくりましょう



ガラスの部屋の バラの花より
嵐の空を見つめ続ける
あなたの胸の想いのように
心に咲いた花だから

どんな花より たんぽぽの花を あなたに おくりましょう
どんな花より たんぽぽの花を あなたに おくりましょう


『たんぽぽ』 作詞・門倉さとし 作曲・堀越 浄




熱唱(笑)してたら、歌から
呆れるほど実直で素朴な姿の中に、
静かな芯の強さやら、
溢れるような 穏やかな 優しさや愛情、情熱を感じてしまいました。
何だか、それらが痛いほど沁みてきて、
妙ちきりんな空間に、トリップしてしまったかのような
感覚に襲われました。



さて、今日は知人の誕生日。
この たんぽぽの歌にちなんで
黄色い花でも贈ろうかな。





        








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小学生から中学生の頃に 少女漫画雑誌 「りぼん」で
連載されていた 柊あおい著の 「星の瞳のシルエット」
という漫画がありまして、主人公の女の子が ふと空を
仰ぐと、小さな雪が・・・

「風花!」と言うセリフで結ばれていました。
へえ〜風花って言うんだ!
きれいで雅だ〜と、もう30年以上前ですが、心に残る
ひとコマでした。

そうでしたか、玉置師匠が名付けられた名前だったんですね

控えめだけど、芯の強い風花さんにはピッタリの
ペンネームだと思います
翡翠
2017/02/01 16:39
最初は、ペンネームでは無く、
名刺の肩書きとして考えて下すったんです。
「イラストレーター」…なんか違う…
そうや!「風花絵師」って、どうや?
…って。
その後、画号的に使うようになりました。

この「風花」という名、
記事に書いたように

「自然や空気の流れ、花などを
モチーフにする事が多い
愚弟子の事を、よく解って下すってる!
さすが、師範!!」
と、感動したのですが
由来を訊くと、

「…雪が降って来たら、いつも
子供みたいに喜んでるから」
「それに、風花と居ると
雪遭遇率が高くて、雪女だな、と」

…との事でした(笑)

風花
2017/02/02 00:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の足音、一輪。 吹田市民塾ガラクタ道場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる