吹田市民塾ガラクタ道場

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日の塾

<<   作成日時 : 2014/06/13 00:50   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

本州も梅雨入りしましたね。
スッキリしない お天気が続きますが、6月11日の塾は何とか雨降らず、の1日でした。

またまた塾生サン達は、
「何もして来てない…」と言いつつ、
色んな物を持ってきたり
描いて来られたり、考えて来られたり、
見聴き・感じた事を お話して下さったり…。
画像
ホント、うそつきな生徒サン達です
いつも、心地好い騙しを受けてます。

















そして、
今日の塾では、ちょっと想像力・観察力アップに繋がる事を
皆さんに、して頂きました。

「鉛筆」という お題から、

@「鉛筆」というキーワードを出さずに、
 聞いてる人が「鉛筆の事を言ってるんだな」と、判るように特徴などを挙げる。

A鉛筆になり切って、自己紹介してみる。

BAからイメージした、鉛筆のキャラクターをイラストに おこしてみる


10分という決められた時間の中で、
どれだけ、自分独自の切り口でモチーフを見て、それを伝える事が出来るか?
その内容が、相手に伝わるか?思わずハッとさせることが出来るか?
モチーフに性格を付け、なり切る事でキャラクター設定が出来るか?
イメージしたキャラクターを何となくでも良いので、カタチに出来るか?
短い時間で集中し、イメージの世界に瞬時に入り込む事が出来るか?

などなど効果は盛りだくさん♪

いきなりは、なかなか難しいかな…?と思っていたのですが
皆さん、きっちりクリアされてました

自分でキャラクターを作り出すのが苦手…という方も
この課題を繰り返すウチに、何を見ても
「コレ、こんな性格を持っていたら面白いだろうな」
「こういう性格のキャラクターなら、こういう時 こんな事を言うだろうな」
「こういうキャラクターなら、こういう時 こんな顔して、こんな行動するだろうな」
と、イメージ出来る癖が付きます。
こうなれば、勝手にキャラクターは活き活きしたものになります。


画像





★本日のアドバイス内容です

※創作絵本の原案を考えて来られた塾生サンに…。

絵本は、文+絵で構成されてます。
絵で表現できる所の 文表現を省いてみて下さい。
ギリギリまで削ぎ落とされた文は、きっと研ぎ澄まされた言葉になります。
そして、
省かれた文章の内容を、絵で伝えられるように心掛けて
構成してみて下さい。
きっと情感溢れる画面作成が出来ると思います。

シンプルにすればする分、自分が伝えたいテーマがボヤける事なく
自己修正も出来る事が あります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「鉛筆」というキーワードを出さずに・・・

懐かしい課題ですね〜
私も卒業後は、しばらく続けていました。

絵で表現したことは、言葉にはしない
絵で表現できないところ、感情とかを文章で表現しよう。
と、一番最初の授業で言われて、へええええと感心した
記憶があります。
翡翠
2014/06/13 20:11
何でもそうなんだろうけど、
規制のある中から、工夫して創られたモノや
ギリギリまで削ぎ落としたモノからは
鋭く光る「本質」が残るのでしょうね〜
風花
2014/06/15 00:00
なるほどね。。絵本を作る為の秘策があるんだー。。。

発想を膨らませる訓練ね。。

さすがプロですね。
羅輝
2014/06/16 19:11
発想を膨らませる事は、
老若男女を問わず、必要な事だと思います。
学歴だけでない、「知恵」を豊富に持つ、
「頭の良さ」を、培う事に繋がると思ってます。
ピンチの時に どれだけ発想の転換が出来るのか
それを、どうやって展開すれば良い方向へ
進める事が出来るのか…。
自分で考え、自分で動く。
色んな事を知れば、色んな角度から
物を見る事が出来る。
異質だと思っていた物と物を
繋げてみる、というような
頭の柔らかい発想が出来るようになる。
更なる事を知りたくなる…。
など、良い事づくめ だと思っているので
大人にも子供にも
この課題を、よくして頂いてます。
…って、ガチガチ頭の私が
一番しなきゃいけない課題なんですけどね…
風花
2014/06/17 18:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
本日の塾 吹田市民塾ガラクタ道場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる