吹田市民塾ガラクタ道場

アクセスカウンタ

zoom RSS 1を 聴いて…。

<<   作成日時 : 2016/11/25 15:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日、とある方に とある事を お伝えした所、
凝り固まっていた 長年の気持ちが緩和されたようで、
涙を流して、笑ってくれた。

私も、長年 心配していた事柄だったので
つられて泣いてしまったが、笑顔になれた。








1を聴いて(見て・感じて)、
10を知れ
(察知せよ・感じ取れ・盗め)。



師範からも、親からも、よく言われていた言葉を、
ふと思い出した。



「そんな、読心術者じゃ あるまいし…」
と、学生時なんかは思ってたが


総てに おいて通ずる事を、
教えていてくれたのだなぁ、と思う。






けれど、察知・修得した事 総てを そのまま表出すのは、
NGである。
「覆水盆に返らず」となる事だってある。

「10を知る」とは、単に1つの工程から
それらに 紐付けられたモノを 知るだけではなく、
自分で解釈・発酵させ、大きく育てる、という
プラスαを付随させる事。

時に よっては、
「千」の想いを、
「0」の沈黙に しなければ ならない場面も あったり、
「千」のアイデアを
「百」のカタチにまで、削ぎ落としていく必要がある。

逆に「十」の想いを 「万」にも「億」にもの言葉(カタチ)にして
全力で贈る(伝える・創り上げる)事が必要な場面だってある。

「億」の気持ちを隠して
「万」の偽りを贈らなければいけない場面もあるだろう。


タイミングを違えれば、
誤解した(された)まま、大切に守り過ぎて伝わらないまま、
すれ違ったままで、通い合う事もなく
終えてしまう事だってある。

逆に、対峙するチャンスを与えてもらえない時だってある。

本当に伝えたい事、良かれと思ってした事が
明後日の方向で捉えられてしまう時だってある。


本当は汲取って欲しかった本心が、届かない時だってある。


本当は、受け取りたくない言葉を
相手の気持ちを汲んで
敢えて「そうか」と頷く必要があるかも知れない。


相手が欲しかった言葉に
気付けない時だってある。


ジャッジを間違う時だってある。





それは、家族や周りとの人間関係の事であったり、
創作の事であったり、
自身との向き合いであったり…。




そのタイミングを察知するには、
やはり、「1を見て10を知る」事に
なるのだろう、と思った。

そして、それは
心理的なテクニックとかの事ではなく
何より「相手を想う事」なのだ、と思った。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
負けん気強くて突っ走っていたときに
仲違いし、17年間音信不通の
仕事仲間がいます。

(タイミングを違えれば、
誤解した(された)まま、
大切に守り過ぎて伝わらないまま、
すれ違ったままで、通い合う事もなく
終えてしまう事だってある)

向こうのちょっとした意地悪に
自分の正義で 貫き通した結果なんですが
時が経つと、自分の方が年下だっただから
少し控えればよかったかと思います。

腹立って、住所も電話帳からも 抹消した
彼女のアドレスですが、仕事を紹介してあげるのに
電話をかけていたので、まだ頭の中に 電話番号だけが
残っていますが、かける気はありません。

どこかで、ふと再会するときがあれば、「元気だった?」と
笑って言えれば良いかなと思っています。
翡翠
2016/11/26 11:15
総ては、タイミングだね。
ふと再開した時に、翡翠サンが
笑って言葉を掛けられるタイミングで、
あったら良いね♪
そんなタイミングが訪れるよう、
祈ってますね!
風花
2016/11/30 22:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
1を 聴いて…。 吹田市民塾ガラクタ道場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる